一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

タグ:TheSlutBanks

THE SLUT BANKS『I'LL GO AROUND』(1998)

01. I'LL GO AROUND
02. I'M LOVING YOU
03. SAUCY
04. ならず者

作詞 01、03:TUSK / 02:TUSK (ENGLISH TRANSLATION:TIM JENSEN)
全曲作曲:DUCK-T
全曲編曲:THE SLUT BANKS

発売日:1998/09/19
品番:COCA-15338

Members
VOCAL:TUSK
GUITAR:Dr.SKELETON
BASS:DUCK-T
DRUMS:SMOKIN' STAR

CO-PRODUCE & BACKGROUND VOCAL:TIM JENSEN


***

前シングルから約4ヶ月後に発売された3rdシングル。
続きを読む

THE SLUT BANKS『PIKA-BANG』(1998)

01. PIKA-BANG
02. HANKY PANKY
03. PLEASE

全曲作詞:TUSK
全曲作曲:DUCK-T
全曲編曲:THE SLUT BANKS

発売日:1998/05/01
品番:COCA-15065

Members
vocals:TUSK
guitars:Dr.SKELETON
bass:DUCK-T
drums、percussions:SMOKIN' STAR

keyboards:TATSUYA SATOH
manipulate & programming:YASUNORI OHWADA


***

ex-ZI:KILLのTUSK(板谷祐)、ZIGGYのDUCK-T(現:DUCK-LEE / 戸城憲夫)らで結成されたTHE SLUT BANKS。TUSKさんのCRAZE加入に伴い、2000年に一度解散しますが、2007年に再結成。今年(2016年)には再びメジャー・デビューを果たしています。
参加メンバーの細かい入れ替わりがあるバンドですが、この時期は、TUSK、DUCK-T、Dr.SKELETON(横関敦)、SMOKIN' STAR(新見俊宏)という布陣でした。メンバーの多くが他のバンドと異なる名義を使用しているように、当初は(一応今も?)覆面バンド的な位置付けだったようです。
本作は、1998年にコロムビアからリリースされた2ndシングルになります。

続きを読む

このページのトップヘ