一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

タグ:VOGUE

nuvc:gu「Dance Romanesque」(1995)

01.Dance Romanesque
02.FIND LOVE

全曲作詞:CHIKA
全曲作曲・編曲:nuvc:gu

発売日:1995/11/22
品番:VIDL-215


***

1stアルバム「SENSUAL WORLD」からのシングルカットされた、結果的にラストとなったnuvc:guの2ndシングル。アルバムからほぼ1ヶ月後のリリースでした。

以下各曲について。


01.Dance Romanesque
イントロの流麗なギターのメロディーが、目茶苦茶ツボに入るディスコロックナンバー。ギターとボーカルの憂いのあるメロディーが非常に立っており、キャッチーさにおいてもシングルに選んだのは正解だったのではないでしょうか。とにかく流れるような曲調が耳に残り、個人的にニューボーグの中でも上位に入る曲だったり。
アルバムに収録されたものとはバージョンが異なっており、冒頭と最後に跳ねたピアノとデジタルサウンドを主にしたパートが挿入されています。1stシングル同様、ベスト盤にはアルバムのテイクが収録された為、こちらのみで聴けるバージョンとなっています。

02.FIND LOVE
序盤の穏やかなピアノのメロディーが印象的なバラード。前作シングルのカップリングの様に、壮大なギターのメロディーとフワッとしたシンセによる、透明感のある楽曲という印象なのですが、曲の雰囲気が優しい上に尺が七分を超えるので、ちょっとダレてしまう人も居るかもしれません。とは言え、こちらもボーカルだけでなく、シンセやギターソロ等による美麗なメロディーを前面に出しているので、聴き所は結構あると思いますよ。
こちらもアルバム未収録。


***

結局ニューボーグが残したメジャーでのCDは、3ヶ月の間にシングル2枚・アルバム1枚、解散した98年になって出たベストが1枚という結果でしたが(新曲とインディーズ時代の楽曲の新録がメインなので、こちらもほぼ新譜みたいなものなんだけど)、当時のシーンでは新しい所を開拓していたバンドという点では、相応の力はあったのではないでしょうか。実際メジャー行くだけあって、奇を衒っただけで終わらず、聴きやすさとの両立は出来ていたと思いますよ。
時代を感じる部分はあれど、デジタルサウンドが普通に取り入れられている、今のV系界隈のファンの方が寧ろすんなり入れたりするんじゃないか……なんて思ったりします。そんな訳で、中古店でアルバムの方でも見かけましたら、是非(笑)

***

Amazon
Dance RomanesqueDance Romanesque
nuv gu ニューボーグ

ビクターエンタテインメント 1995-11-22
売り上げランキング : 460299

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

nuvc:gu「SENSUAL WORLD」(1995)

01.SENSUAL WORLD
02.WISH DREAM

全曲作詞:CHIKA
作曲 01:JEANA/02:nuvc:gu
全曲編曲:nuvc:gu

発売日:1995/09/21
品番:VIDL-214


***

メジャー進出にあたり、vogueからnuvc:gu(ニューボーグ)にバンド名を改名してから初のシングル。というかオムニバスや配布物を除けば、初の一般流通音源となったメジャーデビューシングルになりますね。ウェーブのかかった長髪や眼帯によるヴィジュアルも当時は強烈だったのでしょうが、サウンドの方も、ダンサブルなディスコサウンドとバンドサウンドを違和感無く融合させた、1995年当時のV系シーンでは、先を行き過ぎなんじゃないかと思えるものでした。ヴィジュアル面も含めて、多分Dead Or Aliveの影響が強いバンドだったのかな?

以下各曲について。


01.SENSUAL WORLD
いかにもなデジタルビートと信号音(?)によるイントロにギターが絡みあう、メロディアスなデジロックナンバー。打ち込みリズムもバンバン導入されていますが、バンドサウンドがそれに飲まれる事もなく、艶のあるボーカルを乗せたダンサブルなロックを展開しています。サビでもう少し盛り上がりというかインパクトのあるメロディーがあると…とも思いますが、この時代にこれだけやれれば充分ではないでしょうか。
因みに、本作の約一月後に出た同名のアルバムに収録されたものはアルバムバージョンとなっており、分かりやすい所では、シングル版ではギターソロが入っていた間奏がシンセソロに変わっています。解散時に出たベスト「BEST SELECTIONー1993〜1998」には、アルバムバージョンが収録された為、本シングルのみで聴けるアレンジになっています。

02.WISH DREAM
こちらはうって変わって、壮大感のあるポップナンバー。アレンジはダンサブルですし、キラキラしたシンセも入りますが、あくまでメインはバンドサウンドにとなっており、ギターの音に微妙に白系の匂いも感じる、懐かしく爽やかなメロディーが映える良曲になっています。後追いの自分にははっきり分かりませんが、当時のV系ファンには、王道寄りのこちらの方が取っ付き易かったような気も。今聴くと、寧ろこちらの方が90年代前半っぽさを感じるような……。
こちらもアルバム未収録ですね。

***

アルバムの「SENSUAL WORLD」は、個人的に名盤ながらもブックオフ等で良く安く投げられているので(笑)、そちらの方をまずはお勧めしますが、前述の通り2曲共アルバム未収録ですし、アルバム気に入った人が8cmシングル売り場でこちらを見つけた際は、ちょっと気にしてみてはいかがでしょうか。

***

Amazon
SENSUAL WORLDSENSUAL WORLD
nuv gu ニューボーグ

ビクターエンタテインメント 1995-09-21
売り上げランキング : 562871

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

V.A.「Free-Will ANNIVERSARY 1993」(1993)

01.RED TAIL CAT/Free-dom
02.SPEED-iD/神々のD・N・A
03.BILLY & THE SLUTS/イツモノヨウニ
04.妖花/DESERT STORM CONFLICT
05.La mise a mourle/CLOSE
06.THE DEAD POP STARS/ブーイングの嵐
07.VOGUE/MATERIAL
08.COLOR/I can't go back
09.ジョリーピックルス/Sleepless Memories
10.DECAMERON/PURPLE DREAM


***

1993にリリースされた、当時Free-Willに所属していたバンドを中心に収録したオムニバスアルバム。代表DYNAMITE TOMMYの各バンド解説入り。自分は随分後になってSPEED-iDとVOGUE目当てに買いましたが、他のバンドもなかなか面白かったですよ。

以下各曲について。

続きを読む

SENSUAL WORLDSENSUAL WORLD
nuv gu CHIKA

ビクターエンタテインメント 1995-10-21
売り上げランキング : 154231

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




***

1:Children Coup d'etat
2:Dance Romanesque
3:REAL NONFICTION
4:KISS IN THE MOONLIGHT
5:E・S・C・A・D・E
6:M.A.D -MASTER・ACID・DECADANCE-
7:CYBER DEAD CLUB
8:I MISS YOU
9:SENSUAL WORD(Album Mix)
10:Secret Promise

全曲作詞:CHIKA
作曲:1,4,8,9:JEANA、2,3,5,6,10:nuvc:gu、7:HIKO
全曲編曲:nuvc:gu

***



1995年にリリースされたnuvc:gu(ニューボーグ)のアルバム。
インディーズでは「vogue」という名前で活動していましたが、メジャーデビューにあたって改名しています。
シングル「SENSUAL WORLD」でデビュー、本作がデビューアルバムになります(2は後にバージョン違いでシングルリリース)。
バンドサウンドに90年代のディスコ的なダンスサウンドを全面に取り入れた音作りをしています。

流麗なサビが印象的な2、イントロからジュリアナ世代が反応してしまいそうなヴィジュアル系ディスコといった感じの3、そして5はダークサイバーな感じでインダスリアル要素も入っています。歌メロやねちっこい歌い方もツボに入ってこのアルバムの中で結構好きな曲です。ギターソロがちょっとスパニッシュな感じでしょうか。
そして10、これは他に比べるとかなり分かりやすくヴィジュアル系しており、ROUAGE等にありそうな王道ヴィジュアル系メロディアス楽曲だと思います。いかにもアルバムのラストを飾るといった趣です。

今ではそんなに珍しくは無いのかもしれませんが、当時の界隈でこの手の曲をやっているバンドはあまり居なかったのではないでしょうか。
残念なことにこのバンド、オリジナルアルバムはこの1枚のみで98年に解散してしまいました(同年にシングル曲やインディーズ時代の楽曲を収めたベストアルバム「BEST SELECTIONー1993〜1998」が出ています)。
私はこのアルバムをリアルタイムで聴いてはいないのですが(5,6年前に聴いたかな)、今でも時々引っ張り出して聞いているCDの一つです。
今聞いてもカッコいいと思うので(一部の人には懐かしいかも知れません)、一昔前のヴィジュアル系に興味のある方は聴いてみては如何でしょうか。中古で安く売られているのを良く見かけるので手に入れやすいと思いますし(笑)

このページのトップヘ