一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

タグ:yazzmad

yazzmad『yazzmad』(2011)

01. さよならブルー
02. 烏が鳴いた
03. その愛を
04. 遠遥
05. ウィズアウト。
06. ユートピア

作詞 01〜04、06:yazzmad
全曲作曲・編曲:yazzmad

発売日:2011/06/22
品番:TSBR-003

Members
Vocal:ナオキ
Guitar:健希
Bass:巧
Drums:裕哉


***

2015年10月に解散したyazzmad。本作は2011年にリリースされた1stミニアルバムになります。
当時のベーシストとドラマーが参加した最後の音源ということや、この後のサウンドの変遷と合わせて、ここまでがバンド第1期として区切られているのだったかな?
続きを読む

yazzmad『Door』(2012)

01. ポスト
02. ルリピタキ
03. ノッキン
04. リプレイ

全曲作詞:ナオキ
全曲作曲:健希
全曲編曲:yazzmad

Members
Vocal:ナオキ
Guitar:健希

発売日:2012/07/25
品番;TSBR-004


***

2012年にリリースされた、yazzmadの4曲入りシングル。
この前年、イベントで鑑賞した際に披露された「リプレイ」が気になり手に取ったCDでしたが、想像以上に当たりでした。


01. ポスト
透明感のある穏やかな演奏と、一言一言噛み締めるようなボーカルによるスローナンバー。
高音のノイズを含むギターを中心とした、全体的に白くきらびやかな(所謂キラキラ系のそれとは異なる)音像が非常に心地良い。序盤のボンヤリとした雰囲気から徐々に目が覚めていくように、1曲全体を使って少しずつ盛り上げていくイメージがあります。

02. ルリピタキ
こちらも浮遊感のあるシンセとギターのアレンジが心地良いのですが、サビに入ると一気に疾走するポップナンバー。
サビでは時折ひっくり返りそうになる、人によっては危なっかしく感じるかもしれないナオキのハスキーボイスですが、個人的にはこの切なく激情的なメロディーとは相性が良いのではないかと。雰囲気モノとしての魅力とキャッチーさのパワーを兼ね備えた曲だと思っています。

03. ノッキン
前曲を更に開放的にしたような、4曲の中では比較的シンプルなバンドサウンドで展開される、アッパーなギターロック。アレンジとしては、この前に出たミニアルバム『yazzmad』(2011)の方に近い部分も感じます。
こちらもサビでの切ないメロディーと、そこに乗るハスキーなボーカルが印象的。

04. リプレイ
イントロを始め、ループするピアノのフレーズが印象的なミディアムポップナンバー。
冒頭の通り、こちらが気になり購入したのですが、とにかくそのピアノと温かみのあるサビメロが耳にスッと馴染んでくる、現時点で聴いた彼らの楽曲の中でも個人的No.1となっています。
本作は4曲入りながら、フルアルバムを聴き終わったような充足感があるのですが、それはこの曲がラストにある事が大きいかなと思っているのですが。

***

本作を聴いた後に、前後のミニアルバム・シングルも聴いており、それぞれ微妙に感触が違い、どんなバンドか掴みにくくなっていたりもしますが、単体としては名盤と思っている本作。丁度、リズム隊の正式メンバーが不在の時期にリリースされたことも、フワフワした雰囲気になった事と関係しているかもしれません。
最近になって、フルアルバム発売のニュースが入ってきたりと、今後の活動も楽しみであります。

DoorDoor
yazzmad

yazzmad 2012-07-25
売り上げランキング : 351687

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


YouTube(公式)


オフィシャルサイト
myspace
audioleaf

「毒針2011 FINAL」@高田馬場AREA 2011/11/01
PAP_0044


再結成NOISY CROWDSのレコ発ツアーファイナルも兼ねたイベントを観に、5年振りに行って来ました高田馬場エリア。当時の記憶程、その空気はおじさんに厳しくなかった気がします…w 此処数年ライブハウス→手刀ばかりだったので、エリアってこんなに広かったっけとも思ったり。平日だったこともあってか、お客の入りはそこそこでしたが、ノンビリ過ごせましたしこれはこれで。

以下出演順に。


Calmando Qual
開演時間ギリギリに入場、そしてほぼ同時に登場……危なかった……。
今回は全員黒を基調とした衣装、そしてボーカルHibikiが髪を短くしていたこともあってか、ちょっとスタイリッシュな雰囲気も感じました。それでも最初に「シャキーン!→ぽわーん」の流れはやるのですねw
全5曲という短めの時間ながら、新旧取り混ぜつつ全体的に攻撃的なセトリだったように思います。何気にVISIONから地獄シェフの間に8年あるのですよ。そしてうっかり地獄シェフのフリ(という名の盆踊り)の件を忘れていてワタワタしたり…まぁ最後のANTI FLAGではハイル! ハイル! したのでプラマイゼロという事で…w

そしてここまで書いて、その最後にエリアで観たイベントにも彼らが出ていたのを思い出しました。……おお、あの時はキーボードのTascが居て、ドラムのMAYAが抜けていた時期だったのですか……(今にも増してアレなレポを見てアイタタタとなりながら)

※セットリスト
EGOISTIC WORLD
VELVET
(MC)
地獄シェフ
VISION
ANTI FLAG



yazzmad
他のサイトさんの音源レビュー等を読んで、ちょっと気になっていたバンド。現在はボーカル・ギターのみの編成で、ベースとドラムはサポートという事で良いのかな?
全体的に、ミディアム〜バラード主体ながら、ほんのり切なくも暖かいメロディーが映えていた印象で、褒め言葉として「ヴィジュアル系らしからぬ」楽曲が多かったように思います。じゃあ完璧にロキノン寄りなのかというと、ボーカル:ナオキの艶のある声があるからかその辺もいい塩梅な感じで、良い感じに隙間を突いてこられた気がします。
ラストのループするピアノを同期したバラードが印象に残ったのですが(確か「リプレイ」というタイトルだったような)、そちらはまだ音源化していないという事で、同じく印象の強かった1曲目が入ったシングルを物販で購入。


bluevox
毒針ツアー初日の手刀公演にも出演した、元ジャスティナスティの岸根光率いるバンド。意外と早い出順でした。
ほぼ前回の印象とブレる事のない、ここだけ90年代に戻ったような(?)ストレートなポップロックといった感のあるステージ。決して派手な動きをする訳ではないのですが、余裕を感じる演奏もあり安心して観ていられます。そしてドラマーTELLが心底楽しそうに叩いていたのも印象的でしたが、岸根さんのMC中おもむろに彼を写メしていたのがライトでバッチリ照らされていたのもまた…w (ブログに使う為だったようです)


ジミニークリケット
初見。前のbluevoxから一気に21世紀に戻されました。年内で活動休止が決まっていたりドラマーが失踪してしまったりと、決して状況は良いとは言えないのかも知れませんが、それを感じさせない勢いのあるライブをしてきた印象。華のあるヴィジュアルに、アッパーだったりちょっと歌謡曲チックだったりする楽曲と、こちらは現在の王道といった感じでしょうか。メンバーがポジションチェンジの際何度かぶつかったり、MCがいっぱいいっぱい気味だったりしましたが、後半になるにつれ上げ調子になっていったように思えます。
個人的に、今回は極端な好きや嫌いはなく…でしたが、前方の盛り上がりはこの日一番だったのではないでしょうか。咲き乱れたり、左右に大移動するファンの姿を見て、「あぁ私はV系のイベントに来ている…」とほっこりしたりw 


aie
現在highfachionparalyze、the god and death starsで活動するaieですが、今回はソロの出演。サポートメンバーでも居るのかなと思っていたのですが、蓋を開けてみればギター一本の完全なる弾き語りスタイル。
登場してからの一言目が
「それなりに長く活動していますが、NOISY CROWDSをバックに登場する日が来るとは思いませんでした…」
だったりと、力の抜けた感じで始まりました。最近はハイファッションで観る事が多かったのですが、ザラついたギターの音は共通しながら全く雰囲気が異なるもの。枯れた声質で歌い上げるスタイルは、これはこれで合っており面白いなぁと。1つ聴き覚えがある曲があったのですが、思い出せず。ゴッドの曲かなぁ?
歌っている途中に「やばい…(演奏)間違ってるなぁ(笑)」とあっさりバラしたり、時間が巻いているからとその場で1曲追加する事を决めたりと、まったりフリーダムなステージでしたよ。そしてこの辺りから、会場の空気が高田馬場エリアから高田馬場手刀ドームになってきたような…。


・加納キカイ
アンミュレの想+ムニムニの摩天楼によるユニット。観るのは都合2回目。
機材トラブルがあった前回と違って、空間を埋めるような音に想さんのボーカルがゆったり響く楽曲を堪能できました。今回もemmuree「祈り」のセルフカバーを聴けたのが嬉しい。ダークなのは間違いないのですが、あの浮遊感ある音が妙に心地良いと言うか、黒いヒーリングサウンドというか…まぁ、とにかくそんな感じで。お互いのバンドのサイドプロジェクト的な位置にあるとは思うのですが、音源も聴いてみたいですね。そして、今回も摩天楼さんは終始後ろを向いたままでした。

そう言えば、上で述べた通り今回、NOISY CROWDSのシングルが転換BGMとしてずっと流れていたのですが、彼らの前だけJAPANの曲が使われていたのですよね。メンバーの意向だったのでしょうか。
ジェーントルメーン…テイクポーラーローーイズ……


NOISY CROWDS
トリのノイジークラウズも、手刀の時とそう変わらない雰囲気で登場。このバンドは再結成なのに実質新バンド、しかもアラフォー+若手が二人ずつというのが、妙な若いノリを生んでいて面白いのかなぁと思い始めましたw 詩那と同年代で、もっと完成度の高いライブをやるバンドはぶっちゃけ沢山いるんでしょうが、彼らはあのノリでいいじゃない! と。バンギャルさん前にしながらのド下ネタMCも、卑猥なパフォーマンスもいいじゃない!w 10数年前の過去曲と新曲を平気で混ぜつつポップに聴けるのも、今程ジャンルが細分化する前のインディーズ界隈を体験出来ている気がします(勿論当時をリアルタイムで聴けた訳も無いので、私の勝手な印象になりますけれど)。
セトリは初日と大きな違いはありませんでしたが、本編ラストでハルカさんがベースからギターに持ち替え、ツインギター体制で「花影ブルーカセット」を披露。これ現体制の新曲かと思ったら、NOi'Xのラストアルバムに入っている「ReSET」のリメイクなんですね。ノア時代の曲は弾丸少女でやっているので、こちらでは敢えてやっていないのかと思っていたのですが、そういう訳でもないのでしょうか。てかあのアルバム自体、事実上Key Partyのセッションアルバムなので、バンドで改めて…と言うことなのかも知れませんが。

アンコールは、本編では比較的自重していたハルカさんによる詩那さん弄りが全開。またゲッツをさせたり「だっふんだ」を5回連続でやらせたり…誰かこの酔っ払いを止めて下さいw(流石に今回は、MCの途中に割り込んだりはしませんでしたが) オーラスはやはり「サンダル」でポップに〆。
退場時には各メンバーでハイタッチをしようとするも、お互いにフェイントを掛ける為gdgdに……このOJISAN達仲良すぎだろもうwww

※セットリスト
土砂降りの中で、僕は蹲る
Wish Song
(MC)
Steady Love
久遠〜KUWON〜
Moon Light Emotion
the MAD IN MY LOVE〜僕の愛で狂ったモノ〜
(MC)
花影ブルーカセット(原曲:NOi'X「ReSET」)

・アンコール
(MC)
サンダル


***

そんな訳で、ゆるーく幕を閉じたイベントでしたが、適度にバラエティに富んだ面子、長丁場ながら転換はサクサクと観る側には優しかったかな。個人的にはyazzmadが新たに気になりました。
因みに、NOISY CROWDSで入場した際配られたDVDの内容は、ツアー中のオフショット集でしたよ。

このページのトップヘ